スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の薪入荷

今年の薪が入荷しました。少し太めですが、梅雨前にこれから薪割りです。

今年の薪
スポンサーサイト

15年ほど前のレゾリュートアクレイム

15年ほど前に設置したバーモントキャスティング社のレゾリュートアクレイムも健在です。70坪ほどのホンカログハウス全館に床暖が入っていますが、薪ストーブに火をつけるのが、また格別なようです。

siota アクレイム
ログ工房スペースプラン公式サイト参照

アンコールエヴァーバーン(秋田市のM邸)

数年前に秋田市内の住宅地のど真ん中に設置したアンコールエヴァーバーンですが、うまく使ってくれているでしょうか。新築住宅で吸気パイプを設置予定でしたが、室内自然吸気で問題ありませんでした。


犬小屋の暖房

15歳になる老犬のいる通り土間があまり寒く、犬小屋の暖房に古い薪ストーブ「アンデルセンストーブLittle Mermaid」を設置する。凄く暖かくなったせいか夜もグッスリ、犬も薪ストーブの暖かさはわかるようである。

古い薪ストーブ

煙突掃除収穫物の灰

1日年ぶりの煙突掃除をしましたが収穫物の灰は620gでした。我が家では9月から翌年6月ころまで薪ストーブに火を入れます。比較的正常な燃え方をしている煙突システムであると思っていますが、皆さんのお宅ではいかがでしょうか。間違った焚き方や樹脂系など燃やしていることにより、灰でなくカーボンが付着しているお宅はありませんか?重症になると煙突を交換しなければなりません。他社施工物件でも一度ご相談ください。

煙突掃除収穫灰20141109

カタログから消えたビジラント

友人宅のビジラントのメンテナンス終了しました。ほぼ、新品同様にフルメンテナンスです。ファイヤーサイドではこの機種をカタログから無くしてしまいました。設計年次は古いのですが、暖かくていいストーブです。大事に使って頂ければ嬉しいですね。

ストーブメンテナンスSS

「薪ストーブ難民」という言葉がある?

最近、「薪ストーブ難民」という言葉があることを知りました。
① 建築時に工務店で一括で建築したため、ストーブや煙突工事施工業者が不明。
② ストーブ設置時使用方法の説明書もないし、説明も受けていない。
③ ストーブ屋か、工務店などの施工業者が信用できない。
④ ストーブ工事業者が遠方を理由にメンテナンスに来てくれない。
などの理由で「メンテナンスをどこに頼めばいいかわからず薪ストーブを使用できないでいる人達」を言うそうです。
他社物件のメンテナンス現場下見にお伺いしますと「どうやってメンテナンスしようか?」「どうしてこんな煙突施工したのか?」と目を疑いたくなるような施工に出会うことがあります。
また、他社施工案件の煙突掃除を断られるケースもあると聞きます。その理由は「煙突設置時どんな施工をしているのか、詳細がわからないので掃除後の保証ができません。」とのことです。
このようなものについて、当社では賠責免責覚書にお客様ご署名いただき、事情ご理解の上他社施工物件のメンテナンスもお引き受けしております。
今後、薪ストーブの導入を検討されている方はショップの場所・技術・知識もよく確認して頂きたいものです。家と同じように長期に渡り付き合うものです。特に煙突は設備工事ですので、煙突設計や煙突施工には十分な知識と経験のある信用おけるショップを選択してください。
現在、バーモントキャスティングを輸入するファイヤーサイドでは煙突設計が自社自主基準に合致していない場合、部材も納品しません。メーカー&ショップ連携の上、設計施工段階からチェック・ダブルチェックを行っております。

横堀温泉紫雲閣薪ストーブメンテナンス終了

横堀温泉紫雲閣の薪ストーブメンテナンス終わり、納品してきました。見違えるように新品同様となり、オーナーに喜んでいただきました。


P1001382.jpg

ビジラントメンテナンス完了1台目

内部は壊れた耐火レンガ張替え、割れたガラス1枚入れ替え、1台目のビジラントメンテナンス完了。外観は赤錆もとってポリッシュ仕上げしたので新品同様です。焚くのがもったいない位の仕上がりです。

修理完了001
修理完了002

ビジラントの扉修理中

ビジラント内部の耐火レンガ張替えが終わり、扉の修理に移っています。ナットが熱で焼けているためナットの山を付け直ししなければなりません。使える部品はそのまま、なるべく部品交換最小限にしています。


ビジラントメンテナンス中(耐火レンガ張替え)

部品が一通り揃いましたので、ビジラントの内壁耐火レンガ張替え中です。プラスチックや石油の染み込ませたおが屑を焚いたのか、炉内がだいぶ傷んでいます。耐火セメントの付きをよくするために養生しています。


IMGP0831.jpg
IMGP0832.jpg

薪ストーブのメンテナンス前掃除

バーモントキャスティング社・ビジラントのメンテナンス前ストーブ内掃除です。内壁両サイドの耐火レンガは全て粉々でした。アップグレートとダウングレートも熱で溶けかかっているものがありました。木や紙以外のものを燃やしているようです。フロントドアのドアラッチアッセンブリーも交換必要なようです。右ウォーミングシェルフも部品がかけてガタがあるようです。灰の大半は掃除機で吸い込みました。これからさらに分解してみなければならないところもあります。

メンテ前001
メンテ前002
メンテ前003

アンドナウに広告載せました

秋田県南情報誌の『月刊アンドナウ9月号』に薪ストーブの広告(P47)載せました。石油高騰してますから、この機会に薪ストーブつけてみませんか。新設でも出張メンテナンスでもOKですよ。

アンドナウ広告201409

アンドナウ201409

ビジラント要メンテナンス

ビジラントを使っていただいている方から、修理メンテナンス依頼があり現物引き取り確認したところ、数箇所部品交換の必要がありました。パーツ図を元にメーカーに部品発注しましたが、一部国内にないものがあり、アメリカからの取り寄せ待ちです。

パーツ図ビジラント03

デファイアント要修理
デファイアント要修理01

ルンペンストーブ(石炭)手に入る

昔、北海道に石炭ストーブで通称「ルンペンストーブ」というものがありました。横手でバイオコークスを制作し始めた頃、私より若い研究者の方々にこのストーブの話をしたのですがわからないようでした。バイオコークス専用のルンペンストーブの開発でもしたらどうかと提案したのです。コンパクトですし、お湯を沸かすタンクの併設もし易いですから、汎用性があり使い勝手がいいと力説したのですがなかなか理解されなかったようです。こうなったら現物を見せるしかないと、北海道内の友人知人にお伺いし、やっと1台その当時のルンペンストーブ見つけました。2台ワンペアでルンペンストーブ、1台ではそう呼べないのでしょうが、手に入ったので早速石油ストーブの代わりに取り付けてバイオコークスでも長時間燃えるその効果を確かめたいものです。外形直径27cm高さ40cm。

ルンペンストーブ
ルンペンストーブ0016
ルンペンストーブ0017
ルンペンストーブ0018
ルンペンストーブ0011
ルンペンストーブ0012
ルンペンストーブ0013
ルンペンストーブ0014
ルンペンストーブ0015

デファイアント設置・ハウスクリーニング完了

佐々木邸のデファイアント設置完了です。在来工法の一般住宅ですが、デファイアントの存在感は迫力あります。お客様はこの暑い時に寒くなるのが楽しみなようです。

佐々木邸デファイアント003
佐々木邸デファイアント002
佐々木邸デファイアント001
佐々木邸デファイアント004
佐々木邸デファイアント005

佐々木邸デファイアント・ウォーミングシェルフ取付

昨日設置した佐々木邸デファイアントにウォーミングシェルフ取付中。きのうは暗くなってしまい、細かな仕事だけ残ってしまいました。

ウォーミングシェルフ取付

今日はお天気「煙突付けよう!」

今日は一日中お天気のようでしたので、佐々木邸の煙突取り付けとストーブ設置作業行っています。デファイアントのマジョリカブラウンをやっと家の中に入れ仮置き、これから煙突設置です。ストーブはベビーベット用布団で養生しています。

薪ストーブ作業中

佐々木邸煙突取り付け前

煙突取付け着手前の佐々木邸。チムニーの加工済。炉台や壁面はまだ未施工。

煙突予定わたる001
煙突予定わたる002
煙突予定わたる003

キッチンストーブ ドミノ補修

キッチンストーブ ドミノの新製品は改良されているのであるが、初期型についてオーブン部分にパッキン追加する補修作業にファイヤーサイド村田君来訪。

ドミノ補修003
ドミノ補修004
ドミノ補修003
ドミノ補修005

オーナー自作の煙突にレゾリュートアクレイム

丸ログの壁をくり抜き、レゾリュートアクレイムを設置。オーナーさんが煙突を地元の板金屋さんに作らせたため、煙突の引きがあまりよくない状態です。当方ではストーブ設置と壁抜きまで行いましたが、非常によくない事例です。ストーブ選択よりも煙突設計と煙突設置が重要です。あらためて安全面も含め、二重煙突の性能を実感しています。



薪ストーブ入荷

従来タイプのデファイアントが2台入荷しました。倉庫がまだ雪の中のためガレージにおいています。御陰で車が外に置き去りです。4月に入り微妙に消費増税、割とバカになりません。

ストーブ入荷

ファイヤーサイド工房

バーモントキャスティングの輸入元ファイヤーサイドの修理研究など行っている工房です。

ファイヤーサイド工房

木小屋スケッチ見つけた

薪小屋もこんな感じのかっこよさ必要ですよね。

木小屋800x600

カーボンだらけの煙突

煙突カーボン

一昨年取り付けた薪ストーブが調子が悪いから見に来て欲しいとお客さんから連絡がありました。どんな具合ですかとお聞きしたら、煙突の継ぎ目やストーブ本体から煙が逆流して出てくるというのです。屋根に真っ直ぐ立ち上げた煙突でしたので何が起きたのか見に行きました。行ってびっくり!ストーブの排気周辺から煙突にもカーボンとタールでビッシリふさがっているのです。やっと外した煙突の写真がこのとおりです。焚いている薪とどんな焚き方をしているのか聞きました。またもやびっくり!薪は建築廃材の米松や注入土台でした。焚き方は薪を長持ちさせようと吸入口をほとんど塞いで使っていたとのことです。焚付もおが屑に灯油を染み込ませたものを使っていたようです。薪ストーブを設置した時に取扱注意点を十分説明し、説明書をおいてきていたのですが一つも守ってくれていないのです。挙句の果てに「あんたが朝薪を焚きに来てくれるのであればいいが、ウチはうちのやり方で焚いているんだ。」とご主人の言葉にもびっくり。煙突火災にならなかったのがせめてもの救いと思うしかないようです。見たこともない状態ですので、メーカーと相談したのですが煙突交換しないとどうしようもないようです。薪ストーブを焚いてみたい気持ちはありがたいのですが、これではどうしようもありません。困ってしまいました、、、、。今まで気持ちよく大事に使って頂いている方々としか付き合ったことがありませんのでどう対応したらよいのやら、。参りました。


倉庫の中のアンコール(レッド)

アンコール

デファイアント設置後の試験運転中

一番大きな薪ストーブのデファイアント設置完了。やっと試験運転中。

デファイアント

10年ほど経ったレゾリュートアクレイム

アクレイム001
アクレイム002


サウナストーブ

軽井沢のゲストハウス施工ログにて

サウナストーブ

キッチンストーブ引越し記念写真

キッチンストーブ引越し記念写真です。

キッチンストーブ撤去前

ビジラントパーツ図

故障のとき、必要なパーツご注文ください。

パーツ図

薪割、薪積み

薪割、薪積みし秋から冬に向けストーブを焚く準備です。

薪原木
薪002
薪001



キッチンストーブ大好き

マキストーブのあたたかさに幸せな時間

キッチンストーブ撤去前003
キッチンストーブ撤去前002

マキ保管中

80年以上経つ古い家でマキ保管中

薪003

佐藤邸ログハウスにアスペン

9坪の小さなログロッジにアスペン設置。その中にトイレ風呂キッチン寝室リビング、マキストーブコーナーなど欲張りセット。

佐藤邸アスペン

ちょっと脱線 「マキストーブ型石油ストーブ」

岩手県八幡平にログハウスで友人の別荘(山狼舎)を建てたときにセットしたマキストーブ型石油ストーブです。

山狼舎ストーブ




阿部邸のレゾリュートアクレイム

70坪のログハウスの玄関リビングにマキストーブ。
お客様が来ると、ほとんどここでコーヒーブレイク。


阿部アクレイム


マキストーブの焚きつけは女性でも簡単

ビジラント火付.MP4a.MP4



マキストーブの焚きつけは女性でも簡単です。
暦の上では衣替えでも、まだ朝晩マキストーブの暖かさが恋しい。
いろいろな着火方法ありますが、今回は焚きつけの木を先に入れる方法です。


キッチンストーブで仲良くヤカン

コーヒーいれようと!

ヤカン

キッチンストーブin展示場

キッチンストーブは展示場にあります。
15年くらい前からつかっています。アイルランド生まれの「スタンレークックストーブ」これを購入したころはファイヤーサイドで取り扱っていました。いまは、、、、、


キッチンストーブ山人

愛用のコールマン

コールマンランタン愛用してます。

ランタン山人


バーモントキャスティングのビジラント設置

煙突取り付け途中は写真を撮る暇もなく、もう出来上がり写真です。バーモントキャスチングのビジラント設置が終了です。早速火入れをして試運転です。やはりいいですね。今回のお宅は友人の佐々木さん宅でした。

ササヤス暖炉001

チムニーの下地できる

チムニー下地が出来上がり、屋根に固定しました。内側は不燃材を貼ってあります。

ササヤス暖炉002


チムニー用角トップ

いよいよチムニーに角トップを用意。傾斜のゆるい屋根は余裕ですね。
ササヤス暖炉003


プロフィール

stove888

Author:stove888
【薪ストーブ取扱専門店】
ファイヤーサイド代理店

工房スペースプラン
Tel.&Fax.0182-45-2141

薪ストーブの購入、設置、施工のご相談承ります。その他薪ストーブアクセサリー、クックウェア、アウトドア用品取り扱い中。
薪ストーブの設置工事、メンテナンスをはじめて20年ほどです。  

最新記事
月別アーカイブ
ファイヤーサイド・アルバム
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。